• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

日本民藝館創設80周年
記念シンポジウム
2016年10月22日(土)

日本民藝館創設80周年を記念するシンポジウムが、各方面の識者を招き、東京大学駒場キャンパスを会場にして開催されます。主たるテーマとして論じられるのは、「民藝」の今日的意義と日本民藝館の「これまで」と「これから」です。
Ⅰ.記念講演会 モノと人間 中沢新一
(明治大学特任教授・野生の科学研究所所長)
Ⅱ.記念討論会 日本民藝館の使命
〔基調講演〕日本民藝館と私 深澤直人
(日本民藝館館長・プロダクトデザイナー)
〔討論会〕日本民藝館の使命
パネラー: 鞍田崇(明治大学准教授)
柴田雅章(作陶家)
濱田琢司(南山大学教授)
深澤直人
コメンテーター: 中沢新一
折茂克哉(東京大学駒場博物館助教)
主催:日本民藝館 共催: 東京大学駒場博物館 
後援:日本民藝協会
日時:2016年10月22日㈯
13 :30-17 :30 (13:00開場)
会場:東京大学駒場キャンパス 
21KOMCEE 地階レクチャーホール
*参加希望の方は電話(03-3467-4527)でお申し込み下さい
*聴講無料、要予約(定員200名)※定員に達したため、申込受付は終了いたしました。 

日本民藝館創設80周年<br>記念シンポジウム

出版のお知らせ
『日本民藝館案内』
2016年6月1日刊行

このたび当館では『日本民藝館案内 GUIDE OF THE JAPAN FOLK CRAFTS MUSEUM』を刊行いたしました。本書は、柳宗悦の眼により蒐められた所蔵品と、作品の美しさを最大限活かすように設計された建物の魅力をあわせ紹介するものです。本書が来館者の方々の良き案内書となれば幸いです。
『日本民藝館案内
GUIDE OF THE JAPAN FOLK CRAFTS MUSEUM』 編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館
価格・1,500円(税抜)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

『日本民藝館案内』

〔予告〕創設80周年特別展
日本民藝館所蔵 沖縄の工芸
併陳 坂本万七撮影による戦前の沖縄写真
2016年6月21日(火)~8月21日(日)

創設80周年を記念する特別展の第二弾として、当館の所蔵する華麗な染物・紅型をはじめ苧麻や芭蕉布などの織物、色絵・白掛の陶磁器や厨子甕などを展示します。本展ではこれらの諸工芸品に併せ、柳と共に昭和15年に沖縄で撮影した坂本万七の貴重な風物写真の数々をご紹介します。
詳細をPDFでご覧になれます。

日本民藝館所蔵 沖縄の工芸<br>併陳 坂本万七撮影による戦前の沖縄写真

〔予告〕創設80周年特別展
日本民藝館所蔵  朝鮮工芸の美
2016年4月2日(土)~6月12日(日)

創設80周年を記念する特別展の第一弾として、当館の所蔵する朝鮮時代(1392-1910)の諸工芸品約1600点の中から優品約300点を選び、一堂に展覧に供します。
詳細をPDFでご覧になれます。

日本民藝館所蔵  朝鮮工芸の美

出版のお知らせ 
『美の法門 日本民藝館本』
2016年3月12日刊行

このたび当館では『美の法門 日本民藝館本』を刊行いたしました。本書は、柳宗悦が著した『美の法門』と、それをバーナード・リーチが翻訳したThe Dharma Gate of Beautyを収録したものです。
 リーチは宗悦への恩返として、この翻訳に1960年代から取りくみました。書籍化にあたり英文の監修には、翻訳の助手をつとめた岡村美穂子氏にお願いしております。装幀は『美の法門』初版(1949年、私版本)の体裁を踏襲し、表紙には柿渋塗強製和紙を用いました。また初版にはない図版を、当館所蔵品より選び掲載しております。
『美の法門 日本民藝館本』
編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館
部数・700部限定
図版・カラー8頁
撮影・杉野孝典
価格・3,500円(税込)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

『美の法門 日本民藝館本』 『美の法門 日本民藝館本』 『美の法門 日本民藝館本』

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページの先頭へ