• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

巡回展「デザイナー芹沢銈介の世界展」開催中
2014年9月~2015年6月

生誕120年記念
デザイナー芹沢銈介の世界展

生誕120年を迎える型絵染の人間国宝、 芹沢銈介(1895~1984年)は、柳宗悦との出会いをきっかけに民藝運動に共感し、沖縄の紅型から、独自の型絵染を創始したことで知られています。展覧会は第1部「デザイナー芹沢銈介~多彩な造形表現」と第2部「芹沢銈介の目~収集した世界各国の美術・工芸品」の2部構成で、その美意識と感性にせまります。
この展覧会は日本橋・横浜・京都・大阪の各髙島屋と、東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館を巡回する予定です。

髙島屋芹沢展ウェブサイト

巡回展「デザイナー芹沢銈介の世界展」開催中

スケッチ用具の貸出をしています
2014年8月

当館では小学生以下の来館者に向けた教育プログラムとして、スケッチ用具の貸し出しをしています。スケッチを通して"お気に入りの作品"を見つけることは、鑑賞の第一歩となり、ご来館の良き思い出となることでしょう。ご希望の方は2階大展示室の係までお申し付けください。

スケッチ用具の貸出をしています

出版のお知らせ
『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』
2014年7月31日刊行

このたび日本民藝館では『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』を刊行いたしました。 この資料集に掲載されている書簡は、柳とリーチとの間で交わされた151通の英文の手紙(1912‐1959年)で、約50年にわたる深い友情を保った二人の人生の軌跡を表すものです。本書は研究者用に準備されました英文の書簡集ではございますが、より多くの方にお読みいただき、二人の存在の意義やその思想的な価値を知っていただきたく思います。ご高覧、ご活用いただけましたら誠に幸いと存じます。なお本書は私版本ですので日本民藝館売店のみで取り扱いをしております。

『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡
 日本民藝館資料集』
監修・岡村美穂子氏
   鈴木禎宏氏
編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館

A5判並製カバー
口絵6頁・本文431頁
3,240円(税込)
日本民藝館売店でお買い求め下さい

『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』 『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』 『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』

第1回 館長 深澤直人と語る
「濱田庄司のめざした暮らし」
2014年7月18日(金)

講師      濱田琢司(南山大学人文学部准教授)+深澤直人(日本民藝館館長)
日時      2014年7月18日(金) 19:00~20:30
         開場・受付は18時~/座談会終了後、21時まで館内をご覧いただけます
会場      日本民藝館大展示室
参加費     一般 1,000円(別途入館料が必要です)
定員      100名(友の会及び協会員の方は優先枠がございます)
         ※往復はがきでのお申込みが必要です
         ◇申込方法PDFはこちら◇

公益財団法人 日本民藝館


日本民藝館、濱田庄司記念益子参考館、益子陶芸美術館
入館料相互優待のご案内
2014年6月17日~

日本民藝館、濱田庄司記念益子参考館、益子陶芸美術館の三館で入館料相互優待を実施します。展覧会開催期間中、それぞれの入場券を提携の美術館にお持ちいただくと割引がございます(当該館は除く。)料金などの詳細は各館にお問い合わせください。

日本民藝館
「生誕120年記念 濱田庄司展」(会期:2014年6月17日~8月31日)
「カンタと刺子 -ベンガル地方と東北地方の針仕事」(会期:2014年9月9日~11月24日)
一般 1,100円→900円/高大生 600円→500円/小中生 200円→150円
濱田庄司記念益子参考館(HP)
「濱田庄司のインテリアスタイル展」(会期:2014年7月19日~12月14日)
一般 800円→700円
益子陶芸美術館(HP)
「生誕120年記念 濱田庄司七十七盌展」(会期:2014年9月14日~11月16日)
一般 600円 →550円

公益財団法人 日本民藝館


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページの先頭へ