• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

長野県信濃美術館で先行展示
ウィンザーチェア
日本人が愛した英国の椅子
2017年7月1日(土)~8月27日(日)

ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。全て木の部材で作られたこの椅子は、民藝運動の中で柳宗悦らから高い評価を得、西洋家具の代表として認知されていきます。本展では日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を嘗てない規模で展観し、その造形美を紹介します。日本民藝館からは16点出品されます。
詳しくは長野県信濃美術館ホームページをご覧ください。
なお、こちらの展覧会は日本民藝館(9/7~11/23)でも開催いたします。

ウィンザーチェア<br><small>日本人が愛した英国の椅子</small>

天皇皇后両陛下行幸啓のご報告
2017年6月5日(日)

2017年6月1日(木)当館創設80周年を記念し、天皇皇后両陛下の行幸啓を賜りました。当館は現在「江戸期の民藝-暮らしに息づく美-」を開催中であり、両陛下には旗印屏風や三春の張子人形、火消の革羽織などをご鑑賞いただきました。両陛下は鹿革を用いた革羽織の実用性についてなどご質問を重ねられ、また旗印屏風の意匠力に感心されるなど、大変熱心にご鑑賞くださいました。また西館では、1960年にご来館賜りました当時のお写真をご覧になりながら、懐かしそうに思い出話をされたり、鈴木大拙先生や、バーナード・リーチと柳宗悦の関係についてなどご質問されていました。

天皇皇后両陛下行幸啓のご報告 天皇皇后両陛下行幸啓のご報告

平成29年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2017年4月1日(土)~4月30日(日)

平成29年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部担当宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


日本民藝館創設80周年記念事業基金
募金のお礼とご報告
2019年

 平素より日本民藝館の運営にあたり、ご理解とご協力を賜り、心より感謝と御礼を申し上げます。
 さて、日本民藝館は、創設80周年記念事業の一環といたしまして2016年10月より「創設80周年事業基金募金(民藝に関する資料のアーカイブ化)」の受付を開始し、2019年10月末日をもちまして終了いたしました。当募集活動は、3ヶ年間にわたり実施させていただき、皆様からの温まるご厚志によりまして、8千73万円余りの貴重なご寄付を頂戴することができましたことをご報告申し上げますと共に、理事長を始め役員、職員一同より深く感謝と御礼を申し上げます。
 この度の「募金の総額」及び「事業計画」についてご報告を、以下のとおりさせていただきます。 今後とも変わらぬご厚誼、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2019年11月吉日
公益財団法人日本民藝館
理事長 岡崎真雄
館長 深澤直人

【最終寄付金収入】
寄付金募集期間 2016年10月1日~2019年10月31日
寄付金額実績 件数/212件 総額/80,738,746円
(内訳:企業‣団体 33件 41,382,000円 個人179件 39,356,746円)

【事業計画】
・アーカイブ施設の開設による展示及び視聴覚機能の設置
・収蔵庫の再整備による収蔵品の保全環境の改良
・大展示室等の観覧環境の改良 等
上記事業については、2021年度中に完成を目指す所存です。

募金のお礼とご報告

初日用ご連絡事項
平成28年度日本民藝館展12月11日(日)にお越しの方へ
2016年12月11日(日)

・8時からお並びの順に入館整理券をお配りします。
・8時30分より入館手続きを始めます。その際、整理券を拝見します。
・10時から整理番号順に入館をしていただきます。整理券をご提示ください。
・お手洗のご使用は9時半からとさせて頂きます。
・お車でのご来館はご遠慮ください。
・売店は13時開店とさせていただきます。


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページの先頭へ