• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

入館料改定のご案内
2014年4月1日(火)

日本民藝館は、消費税増税に伴い、平成26年4月1日(火)から入館料を以下のように改定させていただきます。

入館料
大人 1,100円(改定前1,000円)
高大生 600円(改定前500円)
小中生 200円(据置)

団体料金(20名以上)
大人 900円(改定前800円)
高大生 500円(改定前400円)
小中生 150円(据置)

※なお、日本民藝館友の会の年会費5,000円は変更はございませんが、同伴者2名までご利用いただける割引料金は600円とさせていただきます。

公益財団法人 日本民藝館


臨時閉館のお知らせ
2014年2月14日(金)

本日、雪の影響により交通網の麻痺が予測されますので、午後3時で閉館とさせていただきます。

公益財団法人 日本民藝館


臨時閉館のお知らせ
2014年2月8日(土)

本日、交通網の麻痺が予測されますので、午後3時で閉館とさせていただきます。

公益財団法人 日本民藝館


お詫びと訂正
併設展について
2013年12月8日(日)~23日(月・祝)

2013年12月8日~23日まで開催の「平成25年度 日本民藝館展 -新作工芸公募展」の併設展について、展示内容に関する誤った情報をホームページ上に掲載しておりました。
該当箇所は本館2階第3室で、「丹波の古陶」と表記しておりましたが、正しくは「日本の染織」の展示となります。
お詫びして訂正いたします。

2013年12月1日

日本民藝館


韓国・徳寿宮美術館で柳宗悦展開催
「柳宗悦 Yanagi Muneyoshi」
2013年5月25日(土)~7月21日(日)

ウィリアム・ブレークやロダンなど、西欧美術に対する関心に始まり、バーナード・リーチとの交友関係を通して、柳宗悦が東アジアの近代美術において成し遂げた思想的業績と、その実践を考察する展覧会です。また、日本のみならず、朝鮮をはじめ中国、琉球、アイヌ、台湾などの文化に対する関心や、その蒐集の歴史が一同に陳列されるこの展覧会は、韓国で初めての本格的な「柳宗悦展」となります。尚、日本民藝館からは、作品ならびに関係資料が約140点出品されます。

会場:韓国現代美術館分館 徳寿宮美術館 ギャラリー1&2
会期:2013年5月25日(土)~7月21日(日)
休館:毎週月曜日
開館:10時~19時(金・土・日は21時まで)
料金:大人5,000ウォン/学生(7-18歳)2,000ウォン(徳寿宮入場料含)
主催:韓国現代美術館 徳寿宮美術館  共催:公益財団法人日本民藝館
後援:国際交流基金 協賛:アシアナ航空

〔関連企画〕*韓国語/日本語 同時通訳付き
講演会 5月25日(土)柳枝延氏(韓国国立現代美術館学芸員)
      6月29日(土)李秉鎮氏(世宗大学日本語日文学科教授)
      7月6日(土)鈴木禎宏氏(お茶の水女子大学准教授)
      7月20日(土)杉山享司氏(日本民藝館学芸員)
     
詳しくは韓国現代美術館ウェブサイト(韓国語・英語)及び美術館案内(日本語・PDF)をご覧下さい。


前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
ページの先頭へ