• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

出版のお知らせ
『バーナード・リーチ作品集』
2012年6月19日刊行予定

柳宗悦の厳しい目で選ばれた日本民藝館のリーチコレクションから、さらに180点を精選。エッチングから陶磁器、家具デザインにいたるまで、リーチ芸術の全てが味わえる初の作品集。巻末にリーチとの思い出を綴った日本民藝館理事・水尾比呂志氏のエッセイと、お茶の水女子大学准教授・鈴木禎宏氏によるリーチ入門論考を収録。

『日本民藝館所蔵 バーナード・リーチ作品集』
編集・日本民藝館学芸部  監修・水尾比呂志
撮影・杉野孝典
B5並製 160頁(うちカラー128頁)
本体価格2,800円+税
※日本民藝館売店、一般書店でお買い求め下さい
※展覧会開催期間中、来館者には特別価格で販売予定
筑摩書房刊

出版のお知らせ<br>『バーナード・リーチ作品集』 出版のお知らせ<br>『バーナード・リーチ作品集』

鳥取県立博物館で柳宗悦展開催中
2012年4月7日(土)~5月20日(日)

没後50年・日本民藝館開館75周年
柳 宗悦展 -暮らしへの眼差し-

好評巡回中の柳宗悦展、大阪歴史博物館(2012年1月7日から2月29日まで開催)ではおよそ2万5千人の方にお越しいただきました。
現在、展覧会は鳥取県立博物館へと巡回しています。会場では、柳宗悦の蒐集した陶磁器や染織品、木漆工品、絵画などの逸品を中心に、民藝運動の同人の作品、三代目館長柳宗理のプロダクト作品と蒐集品など約200点、宗悦自身の筆になる書軸や原稿、私家本や写真など関係資料約150点が展示されています。
また、鳥取会場のみの特別展示「柳宗悦と山陰」では、柳宗悦と山陰の民藝運動に関するさまざまな作品や書簡資料が展示されています。
詳しくは鳥取県立博物館ウェブサイトをご覧ください。

なお、この展覧会は広島県・奥田元宋小由女美術館(5/29~7/8)へ巡回します。

鳥取県立博物館で柳宗悦展開催中 鳥取県立博物館で柳宗悦展開催中

平成24年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2012年4月1日~4月30日

平成24年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


兵庫陶芸美術館で開催
「柳宗悦と丹波の古陶」
2012年3月10日(土)~5月27日(日)

日本民藝館が所蔵する丹波焼の優品125点が兵庫陶芸美術館で展覧されます。柳宗悦は晩年「最も日本らしき品、渋さの極みを語る品、貧しさの富を示す品」と評し300点余りの丹波焼を蒐集しその美を讃えました。この展覧会では、柳の著作『丹波の古陶』を中心に作品を厳選することによって、柳の丹波焼に向けられた審美眼をたどります。また、併せて柳が丹波焼を知るきっかけとなった丹波布や、丹波布が表装に用いられた大津絵も展示いたします。この機会にぜひご覧下さい。
※詳細は兵庫陶芸美術館HPでご確認ください

「柳宗悦と丹波の古陶」

「スリップウェアの美」を上映中
2012年3月10日、14日、17日、21日

特別展「スリップウェアと西洋工芸」展の開催期間中、西館(旧柳宗悦邸)では「英国の古陶 スリップウェアの美」を上映しています。また、過去の雑誌「民藝」スリップウェア特集号や、2004年に刊行された図録「英国のスリップウェア」なども展示しています。(※西館公開日のみ見学可能)
3月の公開日は3月10日、14日、17日、21日です。開館時間は10:00~16:30(入館は16:00まで)。どうぞ展覧会とあわせてご覧ください。

「スリップウェアの美」を上映中 「スリップウェアの美」を上映中

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
ページの先頭へ