• 特別展
  • 併設展
  • 関連企画
  • 年間予定
  • 日本民藝館展

併設展

展示期間 2018年1月11日(木)~3月25日(日)  

「棟方志功と柳宗悦」

本館1階 本館2階
「師弟」

名を成すことよりも作品そのものが輝く仕事をすること。柳の民藝思想は棟方に180度の転換をもたらします。柳の指導に棟方が応え、柳が精選した作品だけが民藝館に残りました。本企画展では「柳の言葉から生まれ、柳が表具し、柳が好んだ」棟方作品を紹介します。

〔写真〕瑞光
棟方志功 1950年 縦150cm

朝鮮陶磁器

15世紀から19世紀、朝鮮半島において民衆が生んだ陶磁器の多くは、工芸の精華として今日に伝わっています。柳はいち早くその美しさを認め、蒐集、公開に努めました。本室では棟方遺愛の茶碗「胸肩井戸」・白磁壺・鉄砂龍文壺などを中心に展示します。

〔写真〕井戸茶碗 銘「胸肩井戸」 朝鮮時代 16世紀 径15.6㎝ 

丹波の古陶 ー日本民窯の魅力ー

日本六古窯の一つに数えられる丹波焼は、日本民藝館の陶磁器コレクションの中核を担っており、300件余りを収蔵しています。柳は、「他力美」や「不二美」という言葉を用いて、古丹波の無作為な美しさを高く評価しました。本展示室では、館蔵の丹波焼を紹介します。

〔写真〕赤土部釉黒流魚文甕
丹波 江戸時代 18世紀 径29.8cm

河井寛次郎と濱田庄司

柳と共に「民藝」という言葉を造語し、民藝運動を牽引した河井と濱田。今回は当館が所蔵する両者の作品の中から、棟方が常用した器を含めて展示します。さらに運動初期の推進者である水谷良一を讃えた棟方作品「水谷頌」も初公開します。

〔写真〕地掛鉄絵急須・湯呑 濱田庄司 1940年代 急須/高7.2cm

明末清初の染付
※展示期間:2月1日~3月25日(1月31日まで閉室)

中国・明時代末期に景徳鎮民窯で生産された古染付と、明時代後期に福建省のしょう州窯で生産された呉州染付。絵付は古染付が飄逸、呉州染付は奔放で、日本人が古くから好み、伝世品も多く残されています。二つの染付磁器を中心に、磨崖碑の拓本を交えて展示紹介します。
〔写真〕染付羅漢山水文皿
景徳鎮窯(古染付) 明時代 17世紀 径28cm

『心偈』ー詞・柳宗悦 板・棟方志功ー

病床にあった柳を励ますべく作られた「心偈頌」は、柳の「偈」(心境を表す短い詞)72首を棟方が板画にしたもので、いわば師弟愛の賜物です。後に私家本『心偈』として刊行されたその制作過程の全貌を、当館初公開となる柳の原稿や両人の書簡と共に紹介します。
〔写真〕
心偈頌「今日モアリ オホケナクモ」
1957年 縦20.5cm

東北地方の染織

衣類を丈夫にするために、藍で染めた麻布に木綿糸で布目を数えて模様を刺した「こぎん」や「菱刺し」をはじめ、刺し子で埋め尽くした半纏や子供用足袋、藍染の筒描や型染による庄内被衣など、東北地方の染織品を展示紹介します。

〔写真〕菱刺衣裳(部分)
明治時代 丈92.5cm

棟方志功と柳宗悦 ー書籍と書簡を中心に

柳が編集した『棟方志功板画』(1958年)は、柳が見た棟方版画が強く反映された図集です。本展示室では、この図録で大きく貢が割かれた作品の一つ「青天板画柵」を軸に、二人が関わった雑誌『工藝』などの書籍類に書簡を交え、二人の繋がりを探ります。

〔写真〕青天板画柵「蝉風」
1955年 ※後期展示

西館(旧柳宗悦邸) ※西館公開日のみご覧いただけます 開館日カレンダー
柳宗悦記念室

日本を代表する思想家で、日本民藝館の創設者である柳宗悦(1889-1936)。この「柳宗悦記念室」では宗悦の身辺の品や、アルバム写真、自筆原稿、出版物などの資料を展示して、その生涯を顕彰します.

柳兼子記念室

女性声楽家として活躍し、また夫・宗悦の仕事を物心両面にわたり支えた柳兼子(1892-1984)。かつて音楽室として使われていたこの記念室では使用していたピアノをはじめ、自筆楽譜、演奏会プログラム、ポスターなどの資料を随時展示し、その生涯を顕彰します。

ページの先頭へ