• 特別展
  • 併設展
  • 関連企画
  • 年間予定
  • 日本民藝館展
展示替のため休館(3/23-3/31)

朝鮮陶磁  -柳宗悦没後50年記念展
2010年4月1日(木) ~6月27日(日)

当館の創立者柳宗悦は、早くから朝鮮陶磁器の美しさに魅了され、それに触発されて数々の論考を発表。また、その透徹した審美眼によって数多くの優れた朝鮮陶磁器を蒐集し、その真価を広く世に問い続けてきました。本展では、柳宗悦と朝鮮陶磁との関わりをテーマに、当館の所蔵する朝鮮陶磁器の優品約270点を展示します。

開館日カレンダー

白磁壺 朝鮮時代
17世紀末期~18世紀初期 高53.8cm
展示替のため休館(6/28-7/5)

特別展 日本の染 -絞り・型・筒描-
2010年7月6日(火) ~9月5日(日)

絞り染や型染、筒描染などの技法による、館蔵する日本列島に花開いた染の精華約70点を紹介。藍を基調とする日本各地の衣装や夜具地をはじめ、庄内地方の被衣や三河万歳の衣装裂のほか、沖縄を代表する華やかな染物・紅型なども展示します。また、柳宗悦によって美しく仕立て上げられた、夜具地を用いた掛軸や屏風も併せてご覧下さい。

開館日カレンダー

萌黄地丸紋尽幕(部分)
江戸時代 19世紀
展示替のため休館(9/6-9/13)

河井寛次郎 -生誕120年記念展
2010年9月14日(火) ~11月23日(水・祝)

民藝運動の指導者の一人で、日本を代表する陶芸家・河井寛次郎の生誕120年を記念する特別展。柳の盟友であった河井は釉薬の名手として知られ、京都市五条坂で作陶活動を展開し、その卓抜した芸術性は国の内外で高い評価を受けております。本展では、柳宗悦と親交を結んで以降の実用性を意識した、重厚で色鮮やかな館蔵作品約150点を展示します。

開館日カレンダー詳細情報併設展

辰砂丸文角瓶 1937年
高28.8cm
展示替のため休館(11/24-12/10)

平成22年度
日本民藝館展 -新作工芸公募展-
2010年12月11日(土) ~23日(木・祝)

手仕事による伝統的な工芸品を中心に、日本各地の新作工芸品の数々を展示・頒布する、恒例の新作工芸公募展です。(出品作:陶磁・織物・染物・漆工・木工・金工・竹工・藁及草工・硝子工・紙・他)

開館日カレンダー詳細情報併設展

平成21年度日本民藝館展
入選作展示風景
展示替・年末年始のため休館(12/24-1/8)

特別展 日本の古人形
-三春・鴻巣・堤など-
2011年1月9日(日) ~3月21日(月・祝)

幕末から明治期にかけて、庶民のために作られた日本の古人形の美しさを紹介する展覧会です。張子細工の三春人形(福島県)、粘土細工の堤人形(宮城県)や相良人形(山形県)、紙や木や練物などを用いた鴻巣人形(埼玉県)など、館蔵の優品約100点を展示します。素朴ながらも感情細やかで色彩美しい、民間の古人形の魅力をご堪能下さい。

開館日カレンダー詳細情報併設展

三春人形 花笠(部分)
江戸時代 19世紀 像高15.2cm
展示替のため休館(3/22-4/4)
ページの先頭へ