• 基本情報
  • 交通案内
  • 友の会
  • 維持会

日本民藝館 維持会制度のご案内

趣意書
  日本民藝館は、生活工芸の振興を目的とする民藝運動の本拠として、1936(昭和11)年10月民間有志の拠金により創設。初代館長には民藝運動の創始者である思想家の柳宗悦が就任いたしました。以来、日本及び海外の新古諸工芸品を常時展示し、調査研究や出版・講演などの教育普及活動、また工人の育成や実作の指導協力など、独自の活動を展開してまいりました。今日では広く内外にその存在の意義と価値とが認められております。
  しかしながら、当館が引き続き積極的な活動を推し進めるためには、より多くの方々のご理解と財政面でのご支援をいただくことが不可欠でございます。そこで、この度「日本民藝館維持会」の新たな制度を設け、皆さまにひろくご加入をお願いすることにいたしました。
  何卒、趣旨にご賛同を賜り、皆さまにご協力をお願い申し上げる次第です。

公益財団法人日本民芸館
理事長 岡崎真雄


会 費

  年会費 会員期間
個人会員 1口(1万円)以上 会費の入金日から1年間
法人会員 1口(10万円)以上 4月から翌年3月までの1年間
  • 1口以上何口でもご加入になれます。
  • 当館は、国から「公益財団法人」として認定されている団体ですので、館維持会員の支出(会費)につきましては税制上の優遇措置が講じられております。