• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

日本民藝館の活動

本放送 7月26日(日)NHK-Eテレ 午前9時
再放送 8月2日(日)NHK-Eテレ 午後8時

日曜美術館
「自然児、棟方志功~師・柳宗悦との交流~」

2020年7月15日(水)
首里城再建支援のための募金についてのご報告

2020年7月19日(日)~9月6日(日)の期間のみ実施
入館予約について

2020年6月9日~
コロナウィルス感染防止の為
お客様へのお願い

2020年6月2日
館長 深澤直人より
再開のご挨拶

応募期間:2020年4月1日(水)~5月31日(日)
博物館実習生の受け入れについて

2020年3月刊行
出版のお知らせ
洋風画と泥絵
異国文化から生れた「工芸的絵画」

2020年1月刊行
出版のお知らせ
祈りの造形 日本民藝館所蔵・厨子甕

2020年1月12日(日)~3月22日(日)
首里城火災における甚大な被害につきまして、心よりお見舞い申し上げます
募金箱設置のお知らせ

2019年12月14日(土)
初日用ご連絡事項
12月14日に日本民藝館展へお越しの方へ

第2回講座・『工藝の道』2019年10月26日(土)、27日(日)13時~16時30分
受講者募集
連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健

第1回講座・『蒐集物語』2019年7月14日(日)、15日(月・祝)13時30分~17時
受講者募集
連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健

応募期間:2019年4月2日(火)~4月30日(火)
2019年度
博物館実習生の受け入れについて

2018年12月16日(日)
NHK-Eテレ 日曜美術館
「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 柚木沙弥郎の模様人生」

2018年12月9日(日)
初日用ご連絡事項
12月9日に日本民藝館展へお越しの方へ

2018年9月11日第二版
再版のお知らせ
日本民藝館所蔵 朝鮮陶磁図録

本放送 6月3日(日)NHK-Eテレ 午前9時
再放送 6月10日(日)NHK-Eテレ 午後8時

日曜美術館
「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 柚木沙弥郎の模様人生」

2018年3月30日刊行
出版のお知らせ
柚木沙弥郎の染色 もようと色彩 日本民藝館所蔵作品集

応募期間:2018年4月1日(日)~4月30日(月・祝)
平成30年度
博物館実習生の受け入れについて

2018年2月23日(金)~3月5日(月)
名古屋タカシマヤへ「民藝の日本」巡回

日曜美術館
「自然児、棟方志功~師・柳宗悦との交流~」
本放送 7月26日(日)NHK-Eテレ 午前9時
再放送 8月2日(日)NHK-Eテレ 午後8時

日曜美術館HPはこちら

NHK-Eテレ日曜美術館で「自然児、棟方志功~師・柳宗悦との交流~」が放送されます

2020年7月26日(日) 9:00~
2020年8月2日(日)20:00~(再放送)

なお、日本民藝館では放送にあわせ、「棟方志功 師との交感」(本館1階第1~3室・玄関回廊)を9月6日(日)まで特集展示いたします。


首里城再建支援のための募金についてのご報告
2020年7月15日(水)

「祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に」展(2020年1月12日~3月22日)の会期中に実施した募金活動についてご報告をいたします。皆様からのご賛同により、366,894円の募金が集まりました。この浄財は、沖縄民藝協会を通し、6月26日に全額那覇市に託されました。皆様から賜りましたご厚意に対し心より御礼を申し上げます。首里城の一日も早い再建をお祈りします。
〔写真〕首里城南殿 坂本万七撮影 1940年

首里城再建支援のための募金についてのご報告

入館予約について
2020年7月19日(日)~9月6日(日)の期間のみ実施

【入館予約制】
・入館にはインターネット、もしくは電話での事前予約が必要です。
・入館料は当日受付でお支払いください。
・招待券をお持ちの方、各種会員の方ならびにご同伴のお客様は予約不要です。
・ご予約の時間枠内であればいつでもご入館いただけます。
・滞在時間の制限はありません。
・入館に際し当館のコロナウィルス対策へのご理解とご協力をお願いします。

こちらを必ずご一読の上、予約にお進み下さい

【インターネット予約】(24時間受付)
予約カレンダーへ(日本語のみ)

・カレンダーからご希望日時を選択し、必須項目にご入力の上、予約してください。
・ご来館当日は、自動配信予約メールの画面、もしくは印刷したものを受付にご提示ください。
・キャンセルの場合は、自動配信予約メールの【予約内容照会画面】から【予約番号】と【認証キー】をご入力いただき、キャンセルの手続きをしてください。キャンセル料は発生しません。

【電話予約】(10:00~17:00受付)
・予約の際は、希望日時・人数・代表者氏名・電話番号をお伺いします。
・ご来館当日は、予約時間と代表者氏名を受付にお申し出ください。
・キャンセルの場合は、予約時間1時間前までに電話で予約の取り消しをしてください。キャンセル料は発生しません。

電話予約・お問合せ:03-3467-4527


コロナウィルス感染防止の為
お客様へのお願い
2020年6月9日~

・必ずマスクをご着用頂き、「咳エチケット」にご協力ください。
・体調が優れない方、マスクをご着用でない方は入館をご遠慮ください。
・館内ではお客様同士の間隔を2mほど確保してください。
・会話・発声をお控えください。
・感染予防と建物保存の為、入館の際は受付で配布するシューズカバーをご使用ください。
・荷物のお預かりは出来ません。

当館の新型コロナウィルス感染症予防対策について

当館では皆様に安心してご利用頂く為、次のような対策を行っています。 お客様におかれましても、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

主な取り組み
・館内各所に手指消毒用アルコールを設置しています。
・ドアノブや手すりは定期的に消毒作業を行っています。
・スタッフはマスクや手袋等を着用した上でご案内します。
・館内掲示物にて、ご利用の際の注意喚起を行っております。
・西館公開、団体見学、イベントは当面中止します。
・状況により入館者の人数制限を行う場合がございます。
・スタッフの健康状態を確認しています。

In order to ensure a safe and pleasant visit for everyone, we ask visitors to observe the following measures:
・ All guest are asked to wear mouth masks.
・ Observe cough etiquette.
・ Please stay at home if you have a fever, cough, or other symptoms of illness.
・ Make use of disinfection gel at the entrance of the Museum, the museum shop, and other places in the gallery.
・ Please wear distributed shoe-covers at the entrance.
・ Please keep a distance of 2 meters from other people inside the Museum.
・ We kindly ask you to travel as lightly as possible. Our cloak is temporarily closed.
・ The sensitive areas (handles, doors) will be cleaned on a regular basis.
・ We do not accept group reservations until further notice.
・ West Hall (former Yanagi's Residence) is closed until further notice.
・ For the time being no events will take place at the Museum.
・ We might restrict the number of entrants.


館長 深澤直人より
再開のご挨拶
2020年6月2日

民藝は大丈夫です。

今回の災難の中で日本民藝館も休館を余儀なくされましたが、6月9日から再開いたします。皆さまには、これまでご不便をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

さて、この苦難の経験から我々は多くを学びました。何が大切で何が不要か。これから生活へのアプローチは必ず変わるでしょう。ビジネスよりも、小さくても幸せで、質のいい生活、健康や安心、家族や環境や教育の大切さ、そして美術への関心が高まるにちがいありません。
民藝はもともとその小さな生活の大切さに寄り添って来ましたから、その価値はなおいっそう人々を励ましていくでしょう。民藝館は真に豊かで、小さくとも幸せな価値を共有する人々の心の拠り所です。これからも変わることなく、私たちが大切に思っていることをも守り続けてくれるでしょう。
ものづくりに携わるみなさんは、今の厳しい状況においても穏やかに美に向き合い、淡々と創作に打ち込んでいただきたいと思います。制作は心を落ち着かせてくれます。そしてそのものたちは人々を和ませてくれます。 このような時であるからこそ人々は民藝の美しさにより近づき、気付き、大切なものを得ることになると思います。

民藝は私たちを救ってくれます。
再びこの穏やかな空間で、みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

公益財団法人日本民藝館
館長 深澤直人


博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2020年4月1日(水)~5月31日(日)

2020年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部担当宛に郵送してください。
※4月8日(水)追記
新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、博物館実習の日程を変更して行う予定です。詳細は改めてお知らせ致しますので、ホームページをご確認ください。なお、応募の締切を5月31日(日)とし、面接の日程・受付方法も変更致します。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


出版のお知らせ
洋風画と泥絵
異国文化から生れた「工芸的絵画」
2020年3月刊行

編集・日本民藝館学芸部

『洋風画と泥絵』展の主要出品作82点を収録。
-目次より-
ご挨拶
〔図版〕洋風画と泥絵 図1~65
〔コラム〕海を渡った工芸Ⅰ/海を渡った工芸Ⅱ/ガラス絵/眼鏡絵/朝鮮半島の冊架図/金唐革/カルタ/和時計
〔論考〕日本民藝館の洋風画と蘭船蘭人風俗図屏風について

2020年
A4変形横版
72頁
1,900円(税込)

洋風画と泥絵<br><small>異国文化から生れた「工芸的絵画」</small>

出版のお知らせ
祈りの造形 日本民藝館所蔵・厨子甕
2020年1月刊行

本書は2020年1月12日から開催する特別展「祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に」を記念して刊行するものです(厨子甕34基掲載)。蔵骨器という特性により、今日まで人々の眼に触れる機会が少なかった沖縄の厨子甕。本書がその美しさを改めて確認する一助となれば誠に幸いです。

『祈りの造形 日本民藝館所蔵・厨子甕』
編集・日本民藝館学芸部
撮影・杉野孝典
A4版 80頁
2,200円(税込)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい。

祈りの造形 日本民藝館所蔵・厨子甕

首里城火災における甚大な被害につきまして、心よりお見舞い申し上げます
募金箱設置のお知らせ
2020年1月12日(日)~3月22日(日)

1936年に開館した日本民藝館では、沖縄に関する企画展を、1938年の「琉球染織展(びん型・縞と絣)」を皮切りに現在まで継続して行っており、今展を含め23回の展覧会を開催してまいりました。同一分野の展覧会とすれば突出した回数ではありますが、これは沖縄の工芸が当館にとって最も重要なテーマであることにくわえて、その美質が柳宗悦の思想を十分に代弁していることの証だといえるでしょう。このように日本民藝館にとって沖縄は特別な土地なのです。しかしながら、先日の首里城の痛ましい火災によって、多くの文化財が焼失してしまいました。つきましては、1階第1室に募金箱を設置し、皆様の芳志を「『首里城再建』支援のための県民募金」に寄附させていただくこととしました(「祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に」会期中に限定)。ご賛同を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
〔写真〕首里城南殿 坂本万七撮影 1940年

募金箱設置のお知らせ

初日用ご連絡事項
12月14日に日本民藝館展へお越しの方へ
2019年12月14日(土)

・8時からお並びの順に入館整理券を配布します。
・整理券を受け取った後、入館手続きをお願いします。入館手続きの際に整理券を拝見します。なお、招待券をお持ちの方も入館手続きをお願い致します。
・10時から整理番号順に入館をして頂きます。整理券をご提示ください。
・クレジットカードのご利用ができます(VISA/MASTER一括払いのみ・入館料は除く)
・お手洗いのご使用は9時半からとさせて頂きます。
・駐車場の用意はございませんので、お車での来館はご遠慮ください。
・ミュージアムショップ(売店)は13時から開店いたします。


受講者募集
連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健
第2回講座・『工藝の道』2019年10月26日(土)、27日(日)13時~16時30分

講師に松井健氏を招いて、柳の主要著作を精読し、祖述(柳の所説を受け継ぎ、講師の意見を加えずにその思想の内実を伝える)する講座を開催します。
申込方法は下記ファイルをご覧ください。

受講者募集/第2回講座・お申し込み方法(pdfファイル)

連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健

受講者募集
連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健
第1回講座・『蒐集物語』2019年7月14日(日)、15日(月・祝)13時30分~17時

講師に松井健氏を招いて、柳の主要著作を精読し、祖述(柳の所説を受け継ぎ、講師の意見を加えずにその思想の内実を伝える)する講座を開催します。
申込方法は下記ファイルをご覧ください。

受講者募集/第1回講座・お申し込み方法(pdfファイル)
※定員に達したため、申し込みを締め切りました

連続講座「柳宗悦の主要著作を読む」/講師・松井健

2019年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2019年4月2日(火)~4月30日(火)

2019年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部担当宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


NHK-Eテレ 日曜美術館
「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 柚木沙弥郎の模様人生」
2018年12月16日(日)

日曜美術館HPはこちら

6月3日に放送された日曜美術館「うれしくなくちゃ生まれない 染色家柚木沙弥郎の模様人生」【Eテレ】がアンコール放送されます。

2018年12月16日(日) 9:00~
2018年12月23日(日)20:00~(再放送)

なお、日本民藝館では放送にあわせ、「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」(本館1階第3室)を12月9日(日)~23日(日・祝)まで併設展示いたします。


初日用ご連絡事項
12月9日に日本民藝館展へお越しの方へ
2018年12月9日(日)

・8時からお並びの順に入館整理券をお配りします。
・8時より入館手続きを始めます。その際、整理券を拝見します。なお、招待券をお持ちの方も入館手続きをお願い致します。
・10時から整理番号順に入館をして頂きます。整理券をご提示ください。
・お手洗のご使用は9時半からとさせて頂きます。
・混雑が予想されますので、お車での来館はご遠慮ください。
・売店は13時から開店いたします。


再版のお知らせ
日本民藝館所蔵 朝鮮陶磁図録
2018年9月11日第二版

2010年、柳宗悦没後50年を記念して開催された「朝鮮陶磁」展図録を再版しました。日本民藝館所蔵の朝鮮陶磁などの優品約270点を掲載しています。なお、本図録は韓国文化財庁の助成と、韓国文化院の協力により刊行されたものです。

『日本民藝館所蔵 朝鮮陶磁図録』
編集・日本民藝館学芸部
撮影・杉野孝典
A4並製 152頁
3,000円(税込)
2009年12月25日初版
2018年9月11日第二版
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

日本民藝館所蔵 朝鮮陶磁図録 日本民藝館所蔵 朝鮮陶磁図録

日曜美術館
「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 柚木沙弥郎の模様人生」
本放送 6月3日(日)NHK-Eテレ 午前9時
再放送 6月10日(日)NHK-Eテレ 午後8時

日曜美術館HPはこちら

お願い事項
放送後は混雑が予想されますので予め以下につきご了承ください。
・混雑時には作品保護のため、入場規制をする場合がございます。
・最終入館時刻前にお並び頂いても、混雑状況によっては入館できない場合がございます。
・公共交通機関をご利用頂き、お車での来館はご遠慮願います。
・本館、西館共に再入館はお断りいたします。
・金曜夜間開館時刻は比較的混雑しない見込みです。

ご理解、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。


出版のお知らせ
柚木沙弥郎の染色 もようと色彩 日本民藝館所蔵作品集
2018年3月30日刊行

2018年4月からの日本民藝館特別展「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」を記念した作品集です。柚木沙弥郎の多彩な作品群の中から染色に焦点を絞り、作者からの寄贈品を中心に約100点が収録されています。巻末にはインタヴューの他、東京大学名誉教授の松井健氏による論考なども掲載。日本民藝館の空間と柚木作品の模様と色彩が織りなす情景をご覧ください。

『柚木沙弥郎の染色 もようと色彩 日本民藝館所蔵作品集』
編集協力・日本民藝館
撮影・村林千賀子
B5並製 128頁
本体価格2,900円+税
筑摩書房刊
※日本民藝館売店、一般書店でお買い求め下さい

柚木沙弥郎の染色 もようと色彩 日本民藝館所蔵作品集

平成30年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2018年4月1日(日)~4月30日(月・祝)

平成30年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部担当宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


名古屋タカシマヤへ「民藝の日本」巡回
2018年2月23日(金)~3月5日(月)

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
-柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加え、約170点の優品を紹介する展覧会です。詳しくはジェイアール名古屋タカシマヤHPをご覧下さい。

なお、この展覧会はジェイアール名古屋タカシマヤが最後の巡回となります

名古屋タカシマヤへ「民藝の日本」巡回

初日用ご連絡事項
12月10日に日本民藝館展へお越しの方へ
2017年12月10日(日)

・8時からお並びの順に入館整理券をお配りします。
・8時より入館手続きを始めます。その際、整理券を拝見します。なお、招待券をお持ちの方も入館手続きをお願い致します。
・10時から整理番号順に入館をして頂きます。整理券をご提示ください。
・お手洗のご使用は9時半からとさせて頂きます。
・混雑が予想されますので、お車での来館はご遠慮ください。
・売店は13時から開店いたします。


大阪高島屋へ「民藝の日本」巡回
2017年9月27日(水)~10月9日(月・祝)

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
-柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加え、約170点の優品を紹介する展覧会です。庶民の暮らしを彩ってきた民芸品には、生まれてきた土地の豊かな造形感覚や美意識が宿ります。詳しくは高島屋特集ページをご覧下さい。

なお、この展覧会は各会場を巡回します。
京都高島屋(2017/12/14~12/25)
ジェイアール名古屋タカシマヤ(2018/2/23~3/5)

大阪高島屋へ「民藝の日本」巡回

横浜高島屋へ「民藝の日本」巡回
2017年9月13日(水)~9月24日(日)

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
-柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加え、約170点の優品を紹介する展覧会です。庶民の暮らしを彩ってきた民芸品には、生まれてきた土地の豊かな造形感覚や美意識が宿ります。詳しくは高島屋特集ページをご覧下さい。

なお、この展覧会は各会場を巡回します。
大阪高島屋(2017/9/27~10/9)
京都高島屋(2017/12/14~12/25)
ジェイアール名古屋タカシマヤ(2018/2/23~3/5)

横浜高島屋へ「民藝の日本」巡回

日本橋高島屋で「民藝の日本」開催
2017年8月30日(水)~9月11日(月)

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
-柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加え、約170点の優品を紹介する展覧会です。庶民の暮らしを彩ってきた民芸品には、生まれてきた土地の豊かな造形感覚や美意識が宿ります。日本がいかに素晴らしい「民芸の国」であることに、多くの方が共感することでしょう。詳しくは高島屋特集ページをご覧下さい。

なお、この展覧会は各会場を巡回します。
横浜高島屋(2017/9/13~9/24)
大阪高島屋(2017/9/27~10/9)
京都高島屋(2017/12/14~12/25)
ジェイアール名古屋タカシマヤ(2018/2/23~3/5)

日本橋高島屋で「民藝の日本」開催

長野県信濃美術館で先行展示
ウィンザーチェア
日本人が愛した英国の椅子
2017年7月1日(土)~8月27日(日)

ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。全て木の部材で作られたこの椅子は、民藝運動の中で柳宗悦らから高い評価を得、西洋家具の代表として認知されていきます。本展では日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を嘗てない規模で展観し、その造形美を紹介します。日本民藝館からは16点出品されます。
詳しくは長野県信濃美術館ホームページをご覧ください。
なお、こちらの展覧会は日本民藝館(9/7~11/23)でも開催いたします。

ウィンザーチェア<br><small>日本人が愛した英国の椅子</small>

天皇皇后両陛下行幸啓のご報告
2017年6月5日(日)

2017年6月1日(木)当館創設80周年を記念し、天皇皇后両陛下の行幸啓を賜りました。当館は現在「江戸期の民藝-暮らしに息づく美-」を開催中であり、両陛下には旗印屏風や三春の張子人形、火消の革羽織などをご鑑賞いただきました。両陛下は鹿革を用いた革羽織の実用性についてなどご質問を重ねられ、また旗印屏風の意匠力に感心されるなど、大変熱心にご鑑賞くださいました。また西館では、1960年にご来館賜りました当時のお写真をご覧になりながら、懐かしそうに思い出話をされたり、鈴木大拙先生や、バーナード・リーチと柳宗悦の関係についてなどご質問されていました。

天皇皇后両陛下行幸啓のご報告 天皇皇后両陛下行幸啓のご報告

平成29年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2017年4月1日(土)~4月30日(日)

平成29年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部担当宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


日本民藝館創設80周年記念事業基金
募金のお礼とご報告
2019年

 平素より日本民藝館の運営にあたり、ご理解とご協力を賜り、心より感謝と御礼を申し上げます。
 さて、日本民藝館は、創設80周年記念事業の一環といたしまして2016年10月より「創設80周年事業基金募金(民藝に関する資料のアーカイブ化)」の受付を開始し、2019年10月末日をもちまして終了いたしました。当募集活動は、3ヶ年間にわたり実施させていただき、皆様からの温まるご厚志によりまして、8千73万円余りの貴重なご寄付を頂戴することができましたことをご報告申し上げますと共に、理事長を始め役員、職員一同より深く感謝と御礼を申し上げます。
 この度の「募金の総額」及び「事業計画」についてご報告を、以下のとおりさせていただきます。 今後とも変わらぬご厚誼、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2019年11月吉日
公益財団法人日本民藝館
理事長 岡崎真雄
館長 深澤直人

【最終寄付金収入】
寄付金募集期間 2016年10月1日~2019年10月31日
寄付金額実績 件数/212件 総額/80,738,746円
(内訳:企業‣団体 33件 41,382,000円 個人179件 39,356,746円)

【事業計画】
・アーカイブ施設の開設による展示及び視聴覚機能の設置
・収蔵庫の再整備による収蔵品の保全環境の改良
・大展示室等の観覧環境の改良 等
上記事業については、2021年度中に完成を目指す所存です。

募金のお礼とご報告

初日用ご連絡事項
平成28年度日本民藝館展12月11日(日)にお越しの方へ
2016年12月11日(日)

・8時からお並びの順に入館整理券をお配りします。
・8時30分より入館手続きを始めます。その際、整理券を拝見します。
・10時から整理番号順に入館をしていただきます。整理券をご提示ください。
・お手洗のご使用は9時半からとさせて頂きます。
・お車でのご来館はご遠慮ください。
・売店は13時開店とさせていただきます。


日本民藝館創設80周年
記念シンポジウム
2016年10月22日(土)

日本民藝館創設80周年を記念するシンポジウムが、各方面の識者を招き、東京大学駒場キャンパスを会場にして開催されます。主たるテーマとして論じられるのは、「民藝」の今日的意義と日本民藝館の「これまで」と「これから」です。
Ⅰ.記念講演会 モノと人間 中沢新一
(明治大学特任教授・野生の科学研究所所長)
Ⅱ.記念討論会 日本民藝館の使命
〔基調講演〕日本民藝館と私 深澤直人
(日本民藝館館長・プロダクトデザイナー)
〔討論会〕日本民藝館の使命
パネラー: 鞍田崇(明治大学准教授)
柴田雅章(作陶家)
濱田琢司(南山大学教授)
深澤直人
コメンテーター: 中沢新一
折茂克哉(東京大学駒場博物館助教)
主催:日本民藝館 共催: 東京大学駒場博物館 
後援:日本民藝協会
日時:2016年10月22日㈯
13 :30-17 :30 (13:00開場)
会場:東京大学駒場キャンパス 
21KOMCEE 地階レクチャーホール
*参加希望の方は電話(03-3467-4527)でお申し込み下さい
*聴講無料、要予約(定員200名)※定員に達したため、申込受付は終了いたしました。 

日本民藝館創設80周年<br>記念シンポジウム

出版のお知らせ
『日本民藝館案内』
2016年6月1日刊行

このたび当館では『日本民藝館案内 GUIDE OF THE JAPAN FOLK CRAFTS MUSEUM』を刊行いたしました。本書は、柳宗悦の眼により蒐められた所蔵品と、作品の美しさを最大限活かすように設計された建物の魅力をあわせ紹介するものです。本書が来館者の方々の良き案内書となれば幸いです。
『日本民藝館案内
GUIDE OF THE JAPAN FOLK CRAFTS MUSEUM』 編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館
価格・1,500円(税抜)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

『日本民藝館案内』

〔予告〕創設80周年特別展
日本民藝館所蔵 沖縄の工芸
併陳 坂本万七撮影による戦前の沖縄写真
2016年6月21日(火)~8月21日(日)

創設80周年を記念する特別展の第二弾として、当館の所蔵する華麗な染物・紅型をはじめ苧麻や芭蕉布などの織物、色絵・白掛の陶磁器や厨子甕などを展示します。本展ではこれらの諸工芸品に併せ、柳と共に昭和15年に沖縄で撮影した坂本万七の貴重な風物写真の数々をご紹介します。
詳細をPDFでご覧になれます。

日本民藝館所蔵 沖縄の工芸<br>併陳 坂本万七撮影による戦前の沖縄写真

〔予告〕創設80周年特別展
日本民藝館所蔵  朝鮮工芸の美
2016年4月2日(土)~6月12日(日)

創設80周年を記念する特別展の第一弾として、当館の所蔵する朝鮮時代(1392-1910)の諸工芸品約1600点の中から優品約300点を選び、一堂に展覧に供します。
詳細をPDFでご覧になれます。

日本民藝館所蔵  朝鮮工芸の美

出版のお知らせ 
『美の法門 日本民藝館本』
2016年3月12日刊行

このたび当館では『美の法門 日本民藝館本』を刊行いたしました。本書は、柳宗悦が著した『美の法門』と、それをバーナード・リーチが翻訳したThe Dharma Gate of Beautyを収録したものです。
 リーチは宗悦への恩返として、この翻訳に1960年代から取りくみました。書籍化にあたり英文の監修には、翻訳の助手をつとめた岡村美穂子氏にお願いしております。装幀は『美の法門』初版(1949年、私版本)の体裁を踏襲し、表紙には柿渋塗強製和紙を用いました。また初版にはない図版を、当館所蔵品より選び掲載しております。
『美の法門 日本民藝館本』
編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館
部数・700部限定
図版・カラー8頁
撮影・杉野孝典
価格・3,500円(税込)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

『美の法門 日本民藝館本』 『美の法門 日本民藝館本』 『美の法門 日本民藝館本』

平成28年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2016年4月1日(金)~4月30日(土)

平成28年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


初日用ご連絡事項
12月12日に日本民藝館展へお越しの方へ
2015年12月12日

・8時からお並びの順に入館整理券をお配りします。
・9時20分より入館手続きを始めます。その際、整理券を拝見します。
・10時から整理番号順に入館をしていただきます。整理券をご提示ください。
・入選作品と準入選作品の会計場所が昨年と入れ替わりました。(詳細PDF)
・お手洗のご使用は9時半からとさせて頂きます。


出版のお知らせ 
展覧会公式図録
『動物文様の工芸と絵画』
2015年6月30日刊行

このたび日本民藝館では『動物文様の工芸と絵画』展、展覧会公式図録を刊行いたしました。本展覧会の主要出品作品である151点を収録、柳宗悦蒐集の工芸と絵画に表された動物たちの豊かな表現の数々をご高覧下さい。

『動物文様の工芸と絵画』
編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館
A5変形版72頁、並製本
1,500円(税込)
※日本民藝館売店でお買い求め下さい

展覧会公式図録<br>『動物文様の工芸と絵画』

セット販売のお知らせ
『民藝』2015年7月号
特集「個人作家にみる動物文様」
2015年6月30日

『民藝』2015年7月号は開催中の「動物文様の工芸と絵画」展、関連小企画の「個人作家にみる動物文様」を特集しております。こちらを展覧会公式図録とセット購入される方へ2000円の特別価格を設定致しました。ぜひこの機会にお求めください。
・『民藝』2015年7月号(751号)
特集「個人作家にみる動物文様」 税込価格850円
・「動物文様の工芸と絵画」展公式図録 税込価格1500円
上記の2冊を同時購入の方は350円割引致します。

※展覧会会期中、売店での販売のみの価格となりますのでご了承下さい。

『民藝』2015年7月号<br>特集「個人作家にみる動物文様」

講演会「食と生活にまつわる話」
2015年5月9日

 食は暮らしの基本的な要件のひとつであり、生活の土台と言えます。「美味しいものは美しい」とは土井さんの言葉。食事を作るプロセスにも「きれい」「心地よい」は大切な感覚です。美しい食とはどういうものか、長い歴史の中で育まれてきた日本人の食について、道具やうつわ、自然との関係についてお話いただきます。
講師      土井 善晴(料理研究家)
日時      2015年5月9日(土) 18:00~19:30
会場      日本民藝館大展示室
参加費     300円(別途入館料が必要です)
定員      100名(要予約)※定員に達した為、申込受付終了しました

        ◇ご案内PDFはこちら◇

公益財団法人 日本民藝館


平成27年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2015年4月1日(水)~4月30日(木)

平成27年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


年間展示予定のお知らせ
2015年4月~2016年3月

「愛される民藝のかたち―館長 深澤直人がえらぶ」
   2015年3月31日(火)~6月21日(日)
「動物文様の工芸と絵画」
   2015年6月30日(火)~8月23日(日)
「生誕120年記念 芹沢銈介展」
   2015年9月1日(火)~11月23日(月・祝)
「平成27年度
 日本民藝館展 -新作工藝公募展-」

   2015年12月12日(土)~12月24日(木)
「美の法門 -柳宗悦の美思想」
   2016年1月9日(土)~3月21日(月・祝)

※展覧会の名称及び会期は2014年10月現在のものです。今後変更される可能性がありますので最新の情報をご確認下さい。

〔写真・上〕白磁蛙型水滴 朝鮮時代 幅6.7cm
「愛される民藝のかたち―館長 深澤直人がえらぶ」より
〔写真・下〕沖縄絵図 芹沢銈介 縦133.5cm 1939年 「生誕120年記念 芹沢銈介展」より

年間展示予定のお知らせ 年間展示予定のお知らせ

巡回展「デザイナー芹沢銈介の世界展」開催中
2014年9月~2015年6月

生誕120年記念
デザイナー芹沢銈介の世界展

生誕120年を迎える型絵染の人間国宝、 芹沢銈介(1895~1984年)は、柳宗悦との出会いをきっかけに民藝運動に共感し、沖縄の紅型から、独自の型絵染を創始したことで知られています。展覧会は第1部「デザイナー芹沢銈介~多彩な造形表現」と第2部「芹沢銈介の目~収集した世界各国の美術・工芸品」の2部構成で、その美意識と感性にせまります。
この展覧会は日本橋・横浜・京都・大阪の各髙島屋と、東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館を巡回する予定です。

髙島屋芹沢展ウェブサイト

巡回展「デザイナー芹沢銈介の世界展」開催中

スケッチ用具の貸出をしています
2014年8月

当館では小学生以下の来館者に向けた教育プログラムとして、スケッチ用具の貸し出しをしています。スケッチを通して"お気に入りの作品"を見つけることは、鑑賞の第一歩となり、ご来館の良き思い出となることでしょう。ご希望の方は2階大展示室の係までお申し付けください。

スケッチ用具の貸出をしています

出版のお知らせ
『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』
2014年7月31日刊行

このたび日本民藝館では『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』を刊行いたしました。 この資料集に掲載されている書簡は、柳とリーチとの間で交わされた151通の英文の手紙(1912‐1959年)で、約50年にわたる深い友情を保った二人の人生の軌跡を表すものです。本書は研究者用に準備されました英文の書簡集ではございますが、より多くの方にお読みいただき、二人の存在の意義やその思想的な価値を知っていただきたく思います。ご高覧、ご活用いただけましたら誠に幸いと存じます。なお本書は私版本ですので日本民藝館売店のみで取り扱いをしております。

『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡
 日本民藝館資料集』
監修・岡村美穂子氏
   鈴木禎宏氏
編集・日本民藝館学芸部
発行・公益財団法人 日本民藝館

A5判並製カバー
口絵6頁・本文431頁
3,240円(税込)
日本民藝館売店でお買い求め下さい

『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』 『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』 『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』

第1回 館長 深澤直人と語る
「濱田庄司のめざした暮らし」
2014年7月18日(金)

講師      濱田琢司(南山大学人文学部准教授)+深澤直人(日本民藝館館長)
日時      2014年7月18日(金) 19:00~20:30
         開場・受付は18時~/座談会終了後、21時まで館内をご覧いただけます
会場      日本民藝館大展示室
参加費     一般 1,000円(別途入館料が必要です)
定員      100名(友の会及び協会員の方は優先枠がございます)
         ※往復はがきでのお申込みが必要です
         ◇申込方法PDFはこちら◇

公益財団法人 日本民藝館


日本民藝館、濱田庄司記念益子参考館、益子陶芸美術館
入館料相互優待のご案内
2014年6月17日~

日本民藝館、濱田庄司記念益子参考館、益子陶芸美術館の三館で入館料相互優待を実施します。展覧会開催期間中、それぞれの入場券を提携の美術館にお持ちいただくと割引がございます(当該館は除く。)料金などの詳細は各館にお問い合わせください。

日本民藝館
「生誕120年記念 濱田庄司展」(会期:2014年6月17日~8月31日)
「カンタと刺子 -ベンガル地方と東北地方の針仕事」(会期:2014年9月9日~11月24日)
一般 1,100円→900円/高大生 600円→500円/小中生 200円→150円
濱田庄司記念益子参考館(HP)
「濱田庄司のインテリアスタイル展」(会期:2014年7月19日~12月14日)
一般 800円→700円
益子陶芸美術館(HP)
「生誕120年記念 濱田庄司七十七盌展」(会期:2014年9月14日~11月16日)
一般 600円 →550円

公益財団法人 日本民藝館


鈴木大拙館との入館料相互優待のお知らせ
2014年4月10日(木)

鈴木大拙館と日本民藝館は、交流事業の一環として、以下の通り、入館料の相互優待を始めました。

鈴木大拙館賛助会員の日本民藝館入館料
大人 1,100円 → 600円
日本民藝館友の会会員の鈴木大拙館入館料
300円 → 無料
日本民藝協会会員の鈴木大拙館入館料
300円 → 250円

鈴木大拙館HPも合わせてご覧ください。http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/
多くのみなさまにご利用いただけたら幸いです。

公益財団法人 日本民藝館


平成26年度
博物館実習生の受け入れについて
応募期間:2014年4月1日(火)~4月30日(水)

平成26年度博物館実習生の受け入れを行います。当館において実習を希望される方は、以下の募集要項を確認の上、必要書類を当館学芸部宛に郵送してください。
博物館実習生の受け入れについて(pdfファイル)


入館料改定のご案内
2014年4月1日(火)

日本民藝館は、消費税増税に伴い、平成26年4月1日(火)から入館料を以下のように改定させていただきます。

入館料
大人 1,100円(改定前1,000円)
高大生 600円(改定前500円)
小中生 200円(据置)

団体料金(20名以上)
大人 900円(改定前800円)
高大生 500円(改定前400円)
小中生 150円(据置)

※なお、日本民藝館友の会の年会費5,000円は変更はございませんが、同伴者2名までご利用いただける割引料金は600円とさせていただきます。

公益財団法人 日本民藝館


臨時閉館のお知らせ
2014年2月14日(金)

本日、雪の影響により交通網の麻痺が予測されますので、午後3時で閉館とさせていただきます。

公益財団法人 日本民藝館


ページの先頭へ