日本民藝館

展示

特別展

日本の漆 —南部・秀衡・浄法寺を中心に—

2013年1月10日(木)–3月24日(日)

日本の漆がもたらす艶やかな美しさは、古来より人々に愛されてきました。なかでも柳宗悦は、無名の工人が吉祥文や草花文等を活々と描いた「漆絵」を高く評価し、椀や盆、箱類を多く蒐集しています。本展では、優品が揃う南部、秀衡、浄法寺の椀類を中心に、根来、螺鈿、卵殻貼、漆皮など多様な技法で彩られた館蔵の漆工芸、約100点を展示します。

    主な展示品

    展覧会情報

    休館日

    月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

    入館料

    一般大高生中小生
    1,000円500円200円
    みゅーぽん

    開館時間

    10:00–17:00(入館は16:30まで)

    展示室

    本館大展示室 他

    HOME展示特別展日本の漆—南部・秀衡・浄法寺を中心に—

    TOPへ