日本民藝館

展示

特別展

芹沢銈介と柳悦孝 —染と織のしごと—

2011年7月5日(火)–9月4日(日)

柳宗悦の『工藝の道』に感銘を受け、沖縄の紅型に学び、下絵描きから型彫と染までの一貫した型絵染を確立した芹沢銈介 (1895–1984)。沖縄の伝統織物などに学び、植物染料で染めた糸で絣や花織を織った柳宗悦の甥・柳悦孝(1911–2003)。民藝運動を代表する二人の染と織の個人作家による、着物や帯、飾り布、屏風、物語絵、毛の服地やマフラー、雑誌『工藝』など、約100点を展示します。

主な展示品

展覧会情報

休館日

月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

入館料

一般大高生中小生
1,000円500円200円
みゅーぽん

開館時間

10:00–17:00(入館は16:30まで)

展示室

大展示室、本館及び新館回廊、第3室

HOME展示特別展芹沢銈介と柳悦孝—染と織のしごと—

TOPへ