日本民藝館

展示

特別展

開館75周年記念日本民藝館名品展

2011年4月5日(火)–6月26日(日)

1936年、暮らしの中に息づく美の世界を紹介するために、日本民藝館が開設されました。初代館長には柳宗悦が就任し、各地への調査や蒐集の旅、そして活発な展覧会や文筆活動を展開しました。開館75周年にあたる今年、それを記念して「日本民藝館名品展」を開催します。本展では、館蔵する陶磁器、染織品、木漆工品、絵画など各分野の逸品を中心に、柳の著した書籍や自筆原稿、写真資料など約500点を展示して、柳が生涯追い求めた美の世界を紹介します。
主要会場である大展示室では、「柳宗悦と新作工芸」と題して、民藝館を拠点にして活動した、バーナード・リーチ、富本憲吉、濱田庄司、河井寬次郎、芹沢銈介、棟方志功等の代表作約100点を展示します。彼らは民藝品から美の滋養を汲み取りながら独自の仕事を展開。1936年の開館展示においても、彼らの作品は新作工芸として大きく紹介されました。

主な展示品

展覧会情報

休館日

月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

入館料

一般大高生中小生
1,000円500円200円
みゅーぽん

開館時間

10:00–17:00(入館は16:30まで)

展示室

本館 全展示室

HOME展示特別展開館75周年記念 日本民藝館名品展

TOPへ