日本民藝館

展示

特別展

朝鮮時代の絵画 —19世紀の民画を中心に

2011年9月13日(火)–11月23日(水・祝)

朝鮮時代後期から末期にかけ、朝鮮半島の人々は花鳥図や文字絵など様々な画題の絵画を屏風などにして室内に配し、日常生活の中で用いてきました。一般に「朝鮮民画」と呼ばれるそれらは、伝統的な描法や合理的な構図に捉われることなく、明快で大らかな魅力に満ちています。本展では、19世紀の民画を中心に約100点を展示。同時に、宗室出身の画家・李厳(1499–1546以降)をはじめとする、朝鮮絵画の優品も紹介します。

※前・後期で大幅に作品を入れ替え致します
〔前期〕9/13(火)–10/16(日)
〔後期〕10/18(火)–11/23(水・祝)

主な展示品

展覧会情報

休館日

月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

入館料

〔前後期共通券〕※他の割引券との併用はできません

一般大高生中小生
1,500円800円300円

〔各期入館券〕

一般大高生中小生
1,000円500円200円
みゅーぽん

開館時間

10:00–17:00(入館は16:30まで)

展示室

本館大展示室・2階第3展示室

HOME展示特別展朝鮮時代の絵画—19世紀の民画を中心に

TOPへ