日本民藝館

展示

特別展

仏教絵画 浄土信仰の絵画と柳宗悦

2022年3月31日(木)―6月12日(日)

美学者としても知られる柳宗悦は、造形物に美が宿る原理を仏教思想に求めました。特に浄土思想は柳の思想形成に大きな影響を及ぼし、晩年の1955年には柳著作の最高傑作とも評される『南無阿弥陀仏』を上梓しています。本展は、これまでまとめて紹介されることがなかった、柳が蒐集した中世の仏教絵画をご覧いただく、貴重な機会となります。

 

『日本民藝館所蔵 仏教絵画』
 付・柳宗悦「種子阿弥陀三尊来迎繍画の入手の由来」

著者:日本民藝館学芸部、柳宗悦〔B5判64頁・税込1,000円・2022年3月31日刊行〕

 柳宗悦の新出の原稿を書籍化いたしました。この原稿は未完成ではありますが、亡くなる前年の1960年に、当館が所蔵する繍仏「種子阿弥陀三尊図」について記した、『柳宗悦全集』(全22巻、筑摩書房、1980-92年)未掲載の論考です。

 柳宗悦蒐集による館蔵の仏教絵画20点ほどを収録した図集とあわせ、1冊の本として刊行いたします。

日本民藝館ミュージアムショップまたはオンラインショップでお買い求め頂けます

 

主な展示品

展覧会情報

開館時間・休館日

10:00–17:00(最終入館は16:30まで)
毎週月曜日休館

入館料

一般大高生中小生
1,200円(1,000円)700円(600円)200円(150円)
みゅーぽん

展示室

本館大展示室 他

HOME展示特別展仏教絵画 浄土信仰の絵画と柳宗悦

TOPへ